*

ボー、ゴーと聞こえる耳鳴り

公開日: : 最終更新日:2014/06/13 耳鳴りの音の種類

ボー、ゴー(低音):ちょっとしたことで発生する低音の「ボー」

ボー、ブーン、ゴーなど低い音で聞こえる耳鳴りがあります。まるで自動車でトンネルを走行しているような音や水の中に入っているような音などと表現されます。また、音がある程度連続して聞こえたり、常に音が低音であったりすることがこの耳鳴りの特徴となります。

 

ボー、ゴーなどの低音の耳鳴りは一過性のものも多い

低音の耳鳴りは、高音の耳鳴りに比べて、危険度がかなり少ないといわれていますが、それでも、メニエール病などの病気で起こりやすい耳鳴りでもあるので、注意は必要です。例えば、首や肩周りのコリや、血行不良、そしてストレスや、気圧の急激な変化でも簡単に起きてしまうのが、低い耳鳴りです。このような場合は、一過性のものであることが多いことから、危険性の低い耳鳴りと言えます。

 

ボー、ゴーなど低音の耳鳴りは早めの診断、治療でリスクを回避

低温の耳鳴りは先に挙げたような肩こりや血行不良などの原因の場合が多いため、マッサージや入浴でコリをほぐしたり、血行を良くするなど早目の処理で、原因が肩こりや一時的な血行不良などであれば、その問題を解決することにより簡単に直すことができます。しかし、メニエール病や耳管狭窄症、低音難聴などの可能性もあるので、低めの耳鳴りが継続しているとおもった時には、早目の診断が最も効果的です。早目の治療で多くのリスクを回避できます。

 

ボー、ゴーなど低音の耳鳴り気を付けたいのは耳管狭窄症

低温の耳鳴りでも長く継続的に続く場合には早めの診断、早めの治療が必要なのは耳管狭窄症などの割と大きな病気が原因の場合もあるからです。耳管狭窄症は耳の中耳と鼻・のどをつなぐ耳管がなんらかの原因で閉じたままになってしまう状態です。

軽症の耳管狭窄症は風邪やアレルギーなどでなることもあります。ただの風邪だと思ってしっかり治しきらずにそのままにしておくとひどくなることもあるので早めに治療をしましょう。

 

若い女性に多い低音難聴による耳鳴り

低音の耳鳴りは低音難聴の前兆としても起こりやすい耳鳴りですので気になる方は低音難聴の可能性もあります。最近は若い女性の間で低音難聴なるかたが増えているそうです。子育て中の主婦や働く若い女性はストレスも多く、ストレスによる女性ホルモンや自律神経の乱れなどが原因で起こるのではないかと考えられています。

 

低音の耳鳴りの原因としてはほかにも、気圧の変化や風邪などによる鼻・のどの炎症などがあげられます。

関連記事

電子音

ピーと聞こえる耳鳴り

ピー(電子音) :めまいと一緒に現れると注意が必要な電子音「ピー」 耳鳴りにはいろいろな音があ

記事を読む

高音

キーン、ジーと聞こえる耳鳴り

キーン、ジー(高音):耳の機能低下で起きる音が「キーン」 耳鳴りの中でも比較的多くの方が訴える音の

記事を読む

耳鳴り種類

耳鳴りの音の種類

耳鳴りと一言にいっても、人それぞれ色々な音がしているようです。 耳鳴りは基本的に自分にしか聞こ

記事を読む

耳にやさしい
耳鳴りにやさしい生活

自分自身に優しい生活が耳鳴りにもやさしい   耳鳴り

野菜
耳鳴りの改善予防 食事

耳鳴りにいい栄養   耳鳴りの症状は、その原因から考

ストレスをためない
耳鳴りの改善予防 ストレスをためない

耳鳴りの緩和にはストレスをためないこと   病院で診

サプリメント
耳鳴りの改善予防 サプリメント

サプリメントの活用 サプリメントは薬ではありませんから特定の症状に対

no image
耳鳴りの改善予防 ツボ

耳鳴りの改善のツボは体系的にアプローチ   耳鳴りに

→もっと見る

  • にほんブログ村 健康ブログ めまい・耳鳴りへ
PAGE TOP ↑