*

耳鳴りでお悩みの方に

ついつい眉間にしわを寄せてしまう耳鳴り。耳鳴りで多くの人が悩んでいます。

 

耳鳴りの経験はありますか?

この質問に「はい」と答える人が周りに意外と多いのをご存知ですか。日本人では、10人に1人の割合で、なんらかの耳鳴りに悩まされています。このHPをご覧の方はきっとご自身もしくは親しい方に耳鳴りで悩んでいる方がいて、何か良い解決方法を探しているのではないでしょうか?

 

耳鳴りの種類

そもそも耳鳴りとはどういった症状なのでしょうか。耳鳴りには大きく分けて2種類あります。自覚的耳鳴りと他覚的耳鳴りです。

自覚的耳鳴りは本人しか聞こえない耳鳴りです。おそらく耳鳴りでお悩みの多くの方がこの自覚的耳鳴りで悩んでいることと思います。

自覚的耳鳴りでも無音状態で生じる耳鳴りは生理的な耳鳴りと言って、誰にでも起こる正常な反応なので心配はありません。

耳鳴りで悩んでいる方は、自覚的耳鳴りの中でも病気やストレスなど何らかの原因で高音や低音、機械音などが聞こえることで悩んでいます。

他覚的耳鳴りは本人以外にも聞こえることが可能な耳鳴りです。この場合の耳鳴りは筋肉のけいれんであったり、血管病変の拍動であることが多いようです。自覚的耳鳴りと異なり原因がはっきりしていますが、血管病変が耳鳴りの原因の場合は危険なこともあるのですぐに脳神経外科や耳鼻咽喉科で診察を受けましょう。

耳鳴りとその他の症状

耳鳴りに悩んでいる人に聞くと耳鳴りだけでなく、その他いろいろな症状が一緒に起こっている方も多いようです。単に耳鳴りだけで悩んでいる方もいますが、耳鳴りと同時に難聴で悩んでいる。他にもめまいや頭痛など、耳鳴りと一緒に起こる症状も多くあり、それが余計に不安を原因にもなります。

このHPでは主に自覚的耳鳴りに対して、耳鳴りは何で起こるのか?どういう治療法があるのか?そういった疑問から耳鳴りの原因と治し方をなるべくわかりやすい言葉で調べてまとめてみました。

 

耳鳴りが気になったらまずは耳鼻咽喉科

多くの耳鳴りは、それ自体が病気というよりも、体が発する信号のような場合も少なくありません。もしかしたら、ほかの病気があって、その警告で耳鳴りがするということも考えられるのです。ですから、症状によっては、まず、病院で診てもらうことをおすすめします。
耳鳴りが気になったらまずは耳鼻咽喉科で診察してもらいましょう。風邪などで一時的に耳鳴りになっている場合もありますし、先に挙げたように他の病気の発見にもつながるかもしれません。突発性難聴などは早めの発見、早めの治療が早期回復に大きく影響します。

 

耳鼻咽喉科で耳鳴りの原因をきちんと見てもらいましょう。とくに、激しい耳鳴りや、長時間の耳鳴り、また、めまいや手足のしびれ、ろれつが回らないなどの症状がある場合は、すぐに病院で診てもらうことが大切です。

 

耳鳴りは、自己判断でほおっておくと、たいへん危険な信号を見落としてしまうことになりかねません。何の理由もなく、耳鳴りが起こることはありません。せっかくだしてくれた体の信号をしっかりとうけとめてみませんか。


公開日:
最終更新日:2014/05/13

耳にやさしい
耳鳴りにやさしい生活

自分自身に優しい生活が耳鳴りにもやさしい   耳鳴り

野菜
耳鳴りの改善予防 食事

耳鳴りにいい栄養   耳鳴りの症状は、その原因から考

ストレスをためない
耳鳴りの改善予防 ストレスをためない

耳鳴りの緩和にはストレスをためないこと   病院で診

サプリメント
耳鳴りの改善予防 サプリメント

サプリメントの活用 サプリメントは薬ではありませんから特定の症状に対

no image
耳鳴りの改善予防 ツボ

耳鳴りの改善のツボは体系的にアプローチ   耳鳴りに

→もっと見る

  • にほんブログ村 健康ブログ めまい・耳鳴りへ
PAGE TOP ↑